エクスペリアZ5海外版SIMフリー 設定

WiMAX2+ 業界No,1高額キャッシュバック+月額最安値!

エクスペリアZ5海外版SIMフリーを、格安SIMで接続してみた

 

エクスペリアZ5のSIMフリー版(海外仕様)が発売されたので買ってみました。

 

 

通信環境はモバイルWifiルーターがGMOとくとくBBのWimax2+、格安SIMがワイヤレスゲートで使用しています。ワイヤレスゲートの格安SIMはマイクロSIMをナノSIMサイズにカットして使っていますので、その方法もこの後で解説・レビューします。 もちろん日本語表示も完璧、キーボードも音声認識も全て日本仕様に設定変更出来ますのでご安心を。しかもカンタンですよ♪

 

 

Xperia z5 SIMフリー・海外版の日本語化方法

 

Xperia z5 SIMフリー設定

最初は↑こんな風に中国語表記です。

 

Xperia z5 海外版設定

ですが、設定画面の「設定」をクリック

 

Xperia z5 日本語化設定

画面一番上の「語言」をクリック

 

Xperia z5 海外版日本語化設定

この画面が現れるので・・・

 

Xperia z5 SIMフリー日本語化

もちろん日本語を選択

 

Xperia z5 SIMフリー日本語設定

はい、この通り日本語化完了!カンタンですね♪

 

 

まず購入ショップですが、海外スマホショップでは有名な「EXPANSYS」。ここは主に香港から商品が送られて来るので、少し心配される方もいるようですが、私は今回が2度目。なので安心してのお買い物です。

 

今回購入したエクスペリアZ5ですが、この機種には3つのバージョンがあります。

 

小型(4.6インチ)のコンパクト、通常サイズ(5.2インチ)のZ5、最上級モデル(5.5インチ)のプレミアム。

 

私がチョイスしたのは一般サイズのZ5。コンパクトだと小さ過ぎるし、プレミアムだと大き過ぎる上に高価過ぎました(笑)。

 

 

Xperia Z5をEXPANSYSで購入

 

Xperia Z5をExpansysで購入
こんな梱包で香港からヤマト運輸で届きました。ネットで注文後、ちょうど3日です。速っ!

 

Xperia Z5をExpansys 国際便
箱を開けるとこんな感じです。

 

Xperia Z5をExpansys ヤマト運輸
Xperia Z5をExpansysで購入
説明書は英語と中国語。もちろん日本語はありませんでした。

 

Expansys 関税
そういえば、今回は関税が3500円かかりました。この金額はヤマト運輸の代引きになっています。なのでわざわざ銀行に行って振込手数料を払って・・なんて事はありませんでした。今回購入したエクスペリアZ5の価格が約¥75,000-に対して関税が3500円です。*単純計算で仮に商品代金が半分の30000円付近でしたら関税は1500円前後になると考えればOKです。そんなに高くないので安心してください。

 

Expansys Xperia Z5
ホワイトを買ったのですが、裏面はシルバーですよね、これ。

 

Xperia z5 iPhone 6s 比較
左側がiPhone 6Plus です。Xperia Z5プレミアムは、このiPhone 6Plusと同じ5,5インチですね。*写真はプレミアムではない、ただのZ5です。

 

 

Wifiに接続!

 

まずWiMAX2に接続してみましたが、これが速い!

 

いや、このスピード感は凄いです。私が以前使っていたのがD2303という同じくエクスペリア。ですがD2303は格安の海外仕様。使用中はこれでも遅いとか感じたことは無かったのですが、Z5と比較するとWiMAXとWiMAX2ぐらいの差がありますね。このれだけ軽快に動くなら、この投資も納得しました♪

 

D2303のレビューはこちら=エクスペリアの格安、海外SIMフリースマホを使ってみた

 

ちなみに接続設定ですが、WiMAX2ですので極めて簡単。

 

設定のWi-fiから端末を選択→パスワードを打ち込むだけです。当たり前ですが固定回線のWifiルーターと同じ設定方法ですね。

 

 

格安SIMに接続

 

今度はワイヤレスゲートの格安SIMにつないでみました。こちらはWifiルーターと違って少々苦戦しました。

 

まず何に苦戦したか?というと、SIMカードのカットです。以前使用していたD2303 はマイクロSIM、そしてエクスペリアZ5はナノSIMです。最近のiPhoneもそうですが、スマホの人気機種はほぼナノSIMが使われているようです。

 

私の場合はD2303で使うためにワイヤレスゲートのマイクロSIMを契約したのですが、ワイヤレスゲートの場合はSIMサイズの変更が認められないのです。要するに一度SIMサイズを決めたら変更不可なんですね。これはヒドイ話ですよね。ワイヤレスゲートはMNPも1万円以上の手数料がかかるので、あまりおすすめ出来る格安SIMとはいえないかもしれません。

 

ですが、他の格安SIM業者も大して変わらないのが現状です。MNPやサイズ変更、再発行などを低料金で行うと格安SIM業者は赤字になってしまうのかもしれませんね。

 

今、オススメの格安SIMなら、間違いなくこちら=楽天モバイル

楽天モバイルの音声SIMが条件としては最高だと思います。

 

 

マイクロSIMをナノSIMにカット!

 

ということで、マイクロSIMをナノSIMサイズにカットすることになりました。
これ、失敗してしまうと電話番号を変えなければならない上に、また新たに別の格安SIMを契約しなくてはならないので、結構な大損をします。

 

少しビビリながらも、他にやりようがないのでやることに・・・

 

 

SIMカードパンチを購入

 

楽天で1,000円送料無料でした。

 

こちら=iPhone6 対応 SIMパンチ SIMアダプタ SIMリリースピン セット◇...

 

 

SIMパンチ

 

SIMカッター
実物は↑こんな感じです。

 

SIMカードカット
ちゃんとアダプターが付属していました。

 

SIMカッター 使い方

 

使い方は簡単、パンチの部分にSIMカードをハメ込んでガシッと押すだけです。 サイズもこれしかない!という感じなので、まず間違えることは無いでしょう。*というか、サイズが合わないので間違えようが無いです。

 

ただ、少し穴とSIMカードのサイズにズレというか、余裕があります。微妙にグラグラする感じですね。ですがここも気にしなくてOKです。 実際にやってみて分かりましたが、多少金属部分をカットしても全然大丈夫。私なんて金属部分をバッサリいきましたが、全然普通に使えています。もちろん通話もOK、ネットもバリバリ動いていますよ!

 

SIMカッター失敗
↑少し分かりにくいですが、金属部分をザックリいってます。やっちゃったかな〜と思い、かなり焦りましたが大丈夫でした。

 

 

ですが手間がかかったのはその後。

 

そうなんです、カット後のSIMサイズがZ5のSIMスロットには大きすぎたのです。そこで爪切りの後ろのヤスリでガリガリする事5〜6回。この時も金属部分を削っていますが結果的に全く問題なし。*爪切りのヤスリで十分事足ります。

 

SIMスロットに収まったことで、早速本機に突っ込んでみました。すると「SIMカードが挿入されました」とメッセージが出て再起動が始まります。よし、問題なく認識された!と喜ぶのも束の間、ネット接続が出来ません・・・

 

あれれっ?とデータ通信の設定を確認、Wifiを切ったか?も確認。なにも問題なし・・・

 

なぜだ〜〜??

 

 

格安SIMはAPN設定が必要

 

ですが思い出しました、APN設定

 

これをしないと、格安SIMはつながらないんですよね。ただこれも設定は簡単です。格安SIM業者のHPなどに方法が書いてありますので、そこにある数値やパスワードをスマホに打ち込むだけです。 ここで悩んだ方は、「お使いの格安SIM会社名+APN設定」とグーグルで調べれば、方法がたくさん出てきます。例)「ワイヤレスゲート APN設定」など。

 

さあ、APN設定も終わりようやく接続です。これでネットも電話も快適。自作のSIMカードカットも何ら問題は無く、Z5が稼働し始めました!

 

 

格安SIMとモバイルWifiルーター、どっちがいい?

 

D2303の時はそこまで感じなかったのですが、新機種のZ5になると4GとLTEの差がかなりハッキリ出ます。

 

格安SIMのLTEとWiMAX2の4Gですと、体感で相当な差がありますね。特に4Gで使っている時間が長い方は、LTEの遅さにウンザリするはずです。
よくキャリア3社はMVNO業者に高速回線を使わせない!なんて言いますが、これなんですね・・・

 

格安SIMが出た時に、なんでこんな価格差が?とか、これではキャリア3社はいずれ潰れてしまうのでは?なんて思いましたが、この速度差があるので相変わらずキャリア3社は高額の月額を設定出来ているようです。*それも変わりつつあるようですが。

 

ということで、やはりそれなりの使い方をする方はモバイルWifiルーターが断然オススメと言えるでしょう。本当にメール+HP閲覧、LINEやSNSでコミュニケーションという方は格安SIMで大丈夫ですね。

 

問題は動画をどれだけ見るか?これが格安SIMとモバイルWifiルーターの分岐点になると思います。

 

 

最後にもう一度、

 

SIMフリースマホ最安値はこちら=[海外SIMフリー] 人気のスマートフォン最新機種販売中!

 

モバイルWifiルーターなら最新の端末で最もキャッシュバックの高いGMOがおすすめです。
こちらから↓


 

格安SIMなら現在は楽天モバイルがおすすめです。
こちらから↓


 

キャッシュバック最高額は↓こちら!