プリペイド wifi

WiMAX2+ 業界No,1高額キャッシュバック+月額最安値!

プリペイド wifi

 

プリペイドWifiのおすすめ製品をご紹介します。

 

プリペイド式のWifiは意外に使い道が多いものです。 たとえば短期の滞在で部屋を移らなければならない、外出先で一定期間だけモバイルWifiルーターを使いたい、などという場合ですね。 最初の場合など、次のお部屋がどんな環境かが分かるまで、モバイルWifiルーターの契約も出来ませんよね。 もちろん光回線も無理です。

 

こういった先行きが不透明な場合、このプリペイド式のモバイルWifiルーターはとても重宝します。

 

今回はOCN モバイル ONEなど「プリペイドSIM」に関しては除きます。 SIMの場合、使いかたや契約方法が大きく変わってきますので、別のページでご紹介します。

 

 

プリペイドSIMとは

 

プリペイドSIMは、あらかじめ使用できる容量、使用できる期間が決まっている、言ってもれば「使い切りタイプのSIM」のことです。使い捨てタイプのSIMと言い換えてもいいでしょう。

 

「短期間だけ使ってみたい」あるいは「本格的に使う前にどういったものか、お試しで使ってみたい」「来日する海外の友人用に使いたい」など限られた用途で使うことが出来るのが大きなメリットなのです。

 

キャリアのSIMや格安SIMでは、毎月決まった金額を支払う契約でSIMを借りあるあるいは購入することで、継続的に利用します。

 

プリペイドSIMは、家電量販店などで料金を先払いしてSIMを購入し、設定された容量を使いきったり利用期限が過ぎることで使えなくなるのです。

 

また通信販売やコンビニ、家電量販店の店頭で購入して、簡単な開通手続きですぐに使用できるので、手軽に試してみることも出来ます。

 

プリペイドSIMの購入は、通信販売、家電量販店の店頭、コンビニエンスストア、空港の自動販売機などで購入することができます。

 

プリペイドSIMのメリットは、クレジットカードが不要であることが一番のメリットです。

 

さらに、開通手続きが電話やWEBで出来すぐに利用することが出来ます。

 

原則として使い切りですから、短期間の使用や子供にも安心して利用させることが出来ます。

 

一方デメリットとしては、データ専用SIMが多く通話は出来ません。

 

継続使用が出来ないタイプが多いです。

 

トータル的には金額的に割高になっていることが多いです。

 

当たり前のことですがスマホは自分で用意しなくてはいけません。

 

 

プリペイドSIMはどんな人に向いているか?

 

プリペイドSIMは予め料金を支払うことで特に難しい手続きをする必要はありません。

 

使い捨てのSIMですから、店舗で簡単に手に入れることができます。

 

容量または期間が予め定められているため、自分が使用する用途に応じて使用することができます。

 

このプリペイドSIMを使うのに向いている人は、特にクレジットカードを所持していない人でしょう。

 

何らかの理由でクレジットカードを持てない、あるいはクレジットカードを使いたくないという人は少なくありません。

 

そのような人がスマホを使おうとすると必然的にプリペイドSIMになってしまうのです。

 

また、昨今流行の格安SIMとはどういったものなのかを知りたいという人にもお勧めといえます。

 

プリペイドSIMは、長期間利用する必要がありません。

 

試供品のような感覚で利用することができるので気に入らない場合は、すぐに使用を停止することができるのもメリットと言えるでしょう。

 

自分のライフスタイルに合わせて利用することができるということですね。

 

 

どんな種類があるのか?

 

全て2014年現在の話となりますが(2017年現在もあまり変わっていません)、国内仕様であれば「ワイモバイル」のプリペイドWifiが一番いいと思います。 通信速度は最大:7.2MbpのWifiから、110MbpsのLTEもあります(ベストエフォート)。 ワイモバイルですので通信量の上限があり、超えた場合は速度制限が入ります(詳しくは商品リンク先でご確認ください)。

 

それから使う期間によって価格が変わってきます。 当然ながければ料金は高くなります。 ですが長期になればなるほど、月々の使用料は安くなります。

 

また、Docomo・au・ソフトバンクも、あるにはあるのですが、レンタル形式だったり、手続きが面倒だったりでオススメできません。 料金的にも割高になります。

 

 

使用方法、スペック、手続き方法は?

 

プリペイドSIMには、利用目的によって2種類に分けられます。

 

一つは、利用期間いっぱいまで使える「期間型」で、もう一つは、容量を使い切るまで使える「容量型」です。

 

現在、多く出ているのが容量型です。1GBタイプ、2GBバイトタイプのプリペイドSIMが一般的ですが、もっと大きい容量のものもあります。

 

通信は、4G/LTEに対応しているので、手持ちのスマホのスペックにもよりますが速度的にストレスを感じることはないでしょう。

 

SIMカードを使い切ってしまったら、SIMカードをハサミで切って破棄するだけです。

 

一般的な開通手順は以下のようになります。

 

  • 利用するスマートフォンの電源を切ってからSIMカーを挿入します。
  • スマートフォンの電源を入れます。
  • 指定された「APN情報」を設定します。

 

という感じで指定された手順で「開通手続き」を行います。

 

APN情報、開通手続きの手順はスマホなどによって違いがありますが、難しいものではなく誰でも簡単にできるようになっています。

 

手続き方法は至って簡単です。 開通手続き専用の番号に電話をして、パッケージ内に書かれているIMEI番号を伝えるだけです。 15桁の番号を伝えるだけで、長くても2時間有れば使えるようになります。 とにかく面倒なことは一切ありません。 ちなみにネットでも出来ますので、どちらでもやりやすい方を選んでください。

 

 

使用方法ですが、これは通常のモバイルWifiルーターと全く同じです。 PCやスマートフォン端末に設定するだけですから問題ないでしょう。 これも説明書に詳しく書いてあります。

 

 

オススメはこちら

 

おすすめ商品一覧はこちらです。

 

こちら=プリペイドSIMおすすめ一覧

 

ルーターの有り無しや、リユース(再利用)ものなど、いくつか種類があり、それぞれ価格も変わってきます。

 

 

キャッシュバック最高額は↓こちら!

関連ページ

大容量モバイルバッテリーランキング
スマホやタブレットはもちろん、モバイルWifiルーターのバッテリーチャージに使用する携帯型モバイルバッテリーの人気ランキングと激安価格情報です。
モバイルWifiルーター SIMフリー
モバイルWifiルーターのSIMフリーをご紹介します。現在国内で使えるもので最安値はどれか?問題なく使える新品はこちらです。