モバイルWiFiルーターをメイン回線で使う方法

WiMAX2+ 業界No,1高額キャッシュバック+月額最安値!

モバイルWiFiルーターをメイン回線で使えるホームルーター

 

 

モバイルWiFiルーターをメイン回線として家で使う方が急増していますが、WiMAX2に新たなホームルーターが登場しました!

 

まずこの「ホームルーターとは?」から説明していきます。

 

ホームルーターとは、超高性能アンテナを搭載した室内据置型のWiMAX2専用ルーターです。

 

このホームルーターを使うことにより、電波の弱かった室内での電波受信を格段に強化し、受信能力と回線の安定性を提供します。

 

電波はWiMAX2のものですので、配線等は必要ありません(電源のコンセントは必要です)。

 

 

どんな人におすすめ?

 

ではこのホームルーター、どんな人におすすめなのでしょうか?

 

それにはまず、ホームルーターの使い方を解説することから始めます。

 

このホームルーターはWiMAX2の電波を使うものですが、持ち運びすることは出来ません。

 

いや、正確には出来るのですが、モバイルWiFiルーターのように持ち歩いて使う、飲食店などで使うというのには適していません。

 

電源コンセントさえあれば、どこでも使うことは出来ますが、まあ基本的には家などで使うのが普通ですね。

 

自宅などで、安定した回線速度を維持したい、家族で使いたいというのが王道の使い方になると思います。

 

ホームルーター speed wi-fi home l0

 

または、自宅と実家、両方で使いたいという方にも向いています。

 

フレッツ光などの固定回線では、こういう使い方はできませんよね。

 

さらに受信感度が弱い屋内で使う場合も良いと思います。

 

 

ちなみにデメリットを挙げるとすれば、モバイルWiFiルーターのように「モバイル的な使い方」が出来ないことです。

 

電源コンセントへの接続が必要なため、歩きながら使う事は出来ませんし、屋外での使用も難しいですね。

 

 

メリットは?

 

一番のメリットは電波受信能力だと思います。

 

モバイルWiFiルーターの端末では、時々通信が不安定になるような場所でも、ホームルーターがあれば強力アンテナが効果を発揮します。

 

この安定性が、モバイルWiFiルーターにはない最大の長所だと思います。

 

 

そして先ほど書いたような、複数の場所(屋内)に持ち込んで使う方法ですね。

 

これは固定回線には出来ないことですので、こういった使い方もしたいという方には大きなメリットになるでしょう。

 

そしてこういった複数箇所で安定した通信を・・という使い方は誰にとっても便利ですよね。

 

 

ということで、電波受信状況の大幅改善を期待したい方、それほどWiFiルーターを持ち歩いて使うことがない方、複数箇所で使いたいという方におすすめなのがホームルーターということになります。

 

ホームルーター speed wi-fi home l0は遅い?

 

 speed wi-fi home l0は遅い?

 

WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L01の評価や評判が気になる人もいることでしょう。
流線型のボディがかっこいいですね。

 

HOME L01は最大42台同時接続できて、他のWiMAXの端末より高性能なWiFiルーターです。
速度も440Mbpsということで必要十分と言えます。
光回線の届いてない地域、マンションで光の速度が出ない方の救世主になれるスペックとなりそうです。

 

この高性能なホームルーターがワイマックスでしたら無料で手に入るということで、WiFiルーターを探している人。これからWiMAXの利用を始めたい人にはもってこいのホームルーターとなっているのです。
それでもこんなにスピード出るの?と思う人もいることでしょう。

 

実際にはここまでのスピードは出ませんし、スピードの保証もありません。ベストエフォート方式ですから、そのときどきの回線の混み具合に左右されるのは昔も今も変わらないのです。
それでも、最大スピードが上がるということはそれだけスピードは期待できるということです。

 

史上最速の触れ込みは伊達ではありませんよ。
受信エリアが広く一戸建てで1階に本体があっても2階で十分に受信ができます。有線LANよりも速いかもしれません。
口コミなどでは遅いという人や、ゲームがポツポツ途切れるという人もいます。

 

WiMAXの仕様といえば仕方ない面もあるかもしれませんが、それでも基本スペックの高さは侮れないです。
本体が大きいので持ち運びを考えている人は断念したほうがいいでしょう。

 

speed wi-fi home l0の使い方

 

Wi-Fi HOME L01は工事不要で簡単接続が売りです。
実際にはどうなのでしょうか。

 

公式サイトでも、コンセントに繋げばすぐに高速インターネットと書いてあります。
忙しい現代人は何でも簡単にできてしまうことに慣れてきているので、簡単接続はこれからのインターネット接続に関しては必須事項と言えます。
事前条件としてはパソコンかスマホが必要です。これは管理画面で通信量を確認したり接続状況を確認するためです。

 

もっとも、パソコンやスマホでネット接続するためのものですから、問題ないですね。
接続は確かに簡単です。有線LANではケーブルを繋ぐだけでネット接続ができますし、無線LAN接続でもWPSボタン押しっぱなしで接続できるという簡単さです。
上級者向けに手動で様々な接続方法がありますが、これは説明書を見れば容易に理解できるでしょう。

 

いずれにしても、公式サイトでも書いてあるようにネットに繋ぐことは簡単です。Wi-Fi HOME L01をコンセントに繋ぐだけで接続は簡単にできるのです。
同時に42台接続というのも必要はないにしてもそれだけのスペックがあるというのは余裕がある意味でも安心です。
途切れるのを避けるために、パソコンやゲーム機を有線LAN接続にして(有線は2台までです)スマホなどはWi-Fi接続というのが正しい接続方法でしょう。

 

speed wi-fi home l0はこちらから↓


 

モバイルWifiルーターとホームルータータイプ、どちらを選ぶべき?

 

モバイルWifiルーターとホームルータータイプのどちらがいいかということになると、これはライフスタイルで選ぶしかありません。
家族4人で利用するというのでしたら、選択肢としてはホームルータータイプの一択になります。

 

学生の一人暮らしということになると、モバイルWi-Fiルーターで外でも自宅でも持ち運び自由なモバイルWi-Fiルーターのほうが便利でしょう。
少し前までは固定電話を引くか引かないかが選択肢の中で大きなウェートを占めていたのですが、スマホがこれだけ普及した時代では、固定電話の有無はもはや関係のない時代となったようです。

 

また、出先にWi-Fi環境が整っている場合ということでしたら、自宅はホームルーターのほうがいいでしょう。

 

家で安定して使いたいという人はホームルーターしかありません。

 

旧型・URoad-Home2+

 

*今回はWiMAX2のホームルーター「URoad-Home2+」について解説します。
16台もの端末に同時接続することが可能です。

 

2017年現在、こちらは旧型となっていますので、お求めの方は「speed wi-fi home l0」をご参照下さい。

 

URoad-Home2+はどれだけ凄い?

  1. 従来比1.4dbアップの超高性能アンテナ搭載(WAN側)
  2. 可動式アンテナで電波を拾いまくり!
  3. 通常の2.4GHzだけでなく、5GHzもサポート(電波干渉を大幅に軽減)
  4. もちろん配線不要(要コンセント/ACアダプター)
  5. 約140(W)×53(D)×170(H) 311gの軽量形
  6. 最大110Mbps*ベストエフォート

WiMAX2ホームルーター

 

キャッシュバック最高額は↓こちら!