日本の公衆Wifiについて

WiMAX2+ 業界No,1高額キャッシュバック+月額最安値!

日本の公衆Wifiについて

 

ここ数年、海外から日本に来る観光客が増えています。

 

これは政府が、日本へ観光客を呼び寄せる一大キャンペーンを
張っているからにほかなりませんが、その効果は日本経済にとっても
非常にポジティブと言えます。

 

ですが世界各国から日本を訪れてきた旅行者が、口をそろえて文句を言う
一つのサービスがあります。

 

そうです、公衆Wifiなのです。

 

日本に住んでいるとあまり感じませんが、一体どこが日本はダメなのでしょうか?

 

 

無料Wifiスポット、世界の場合

 

これだけ文句を言われるということは、日本と世界の基準が違うと
考えたほうがいいですよね。

 

そこで日本の無料Wifiスポットと世界がどう違うか?簡単に書いてみます。

 

まず通常世界では、公衆の場が無料Wifiスポットになっています。
もちろん全てではありませんが、日本ではレストラン等、民間のお店が
無料Wifiを提供していますが、世界では公共の場=無料Wifiというのが
一つの認識と言って良いと思います。

 

私から見ると、日本もそうじゃないの?と思いますが、まだまだ世界の
基準に比べると、そのレベルに達して今しとのことです。

 

そして民間も含めてなのですが、日本と世界には大きな違いがあります。

 

それは日本の無料Wifiスポットのほとんどが「登録」を義務付けている事です。
世界では無料スポットと言うのは、そこに行けば無料でつながる、
底に登録もなにもないのです。

 

簡単な端末設定のみでつながる。 ところが日本では登録が必要な
ばかりか、日本の携帯会社と契約していないと使えないなんて言うのが
まだまだ多いです。

 

世界の多くの人は、ネットは無料Wifiスポットでするもの、という意識も強いです。
日本とはこの部分が少し違うので、戸惑うかもしれませんが、
現実はそうなのです。

 

日本がいくらテクノロジーを持っていても、Wifi=スポットに行けば無料という
世界の基準は絶対です。

 

無料Wifiスポット

 

東京オリンピックについて

 

日本政府もこのWifi事情にはすぐに反応しました。
最新のテクノロジーを持つはずの日本が、世界から遅れるわけにはいきません。

 

しかも「観光立国」を目指すということで、東京にオリンピックを招致したという
面目もあります。

 

そこで、まだ公式ではないようですが、東京オリンピックまでになんとかすると
日本政府は動いているとのことです。

 

これは私の経験ですが、確かに最近はアジア各国でも無料でWifiがつながるのは
珍しくありません。 というより普通にどこでも繋がる感じです。

 

これは欧米ももちろん同じですね。
確かに高速のWifiというわけではありませんが、普通にネット閲覧やメールに
なんら支障はありません。

 

 

そして何よりも、「遅れている」なんて言われるのはゴメンですよね。

 

 

 

 

最高キャッシュバックが誰でも確実にもらえる!

関連ページ

タブレットで使う
タブレットを購入するときよくある間違いが、モバイルWifiルーターを持っているのに携帯キャリアで契約してしまうことです。これは大損になりますのでご注意を。損しない方法はこちらから!
ポケットWifiとは
ポケットWifiとは?についてご説明します。*現在はポケットWifi=モバイルWifiルーターの意味で使われることがほとんどです。
PCでも使おう!
モバイルWifiルーターをPCでも使いましょう。ノートでもデスクトップでも、現在では光回線と遜色ない性能でインターネットを利用できます。
自宅は光回線が強い
いくらモバイルWifiルーターが便利と言っても、自宅で使う場合は固定回線が強いです。なんといっても安定感があり、高速でトラブルはめったに起こりません。
レンタルwifiルーター(国内)、オススメはこちら
レンタル wifi ルーターの国内版、オススメはこちらです。旅行や入院で数日だけWifiルーターをレンタルしたい、または引越し先の部屋でWifiが入るかチェックしたいという方におすすめの激安レンタル業者をご紹介します。