WiMAX2+のプラン、どれを選べばいいのか?

WiMAX2+ 業界No,1高額キャッシュバック+月額最安値!

WiMAX2+のプラン、どれを選べばいいのか?

 

WiMAX2 プラン

 

通信制限の違い

 

7GB制限は月間の通信量が7GBまでと制限するものです。
対してギガ放題プランはまさしく無制限で利用できる…そう思いたいのですが、これには条件があるのです。
3日間でデータ通信の合計が10GBを超えると速度制限がかかるというものです。

 

この速度制限は1Mbps です。もっとも1Mbpsは理論値ですから、恐らくこれ以下になりますから、動画はもちろん見れたものではありませんし、LINEなどのメールも受信が遅くなることもあるでしょう。

 

もっとも、7GB制限の通常プランでしたら、7GBを超えると128Kbps(最大)しか出ませんから恐らく何もできないでしょう。

 

大容量通信時代となってきた昨今ですから、料金の違いはあっても、やはりギガ放題プランを選ぶべきでしょう。
無制限とは言っても3日で10GB制限をかけているのは難がありますが、本当の無制限にしてしまうと、まさに回線容量がいくらあっても足りなくなってしまうのは目に見えているので、なにかしらの制限が必要なのもよくわかります。
それでもギガ放題プランにすると月間100GBまで使えることになるのですからこれはこれで、これまでに比べるとすごい進歩と言えます。

 

そこで考えたのが次のルールです。
・月間100GBまで制限かからず使う3つのルールを考えてみました。

 

まずは、ギガ放題プランを選ぶこと、そして、3日間のデータ通信を10GB以下に抑えること、さらに4G LTE通信は使わないことです。
これら3つのルールを守るだけで通信制限で困ることはなくなるでしょう。
最終的にはトータルで100GB近くまで行くと、使い切ったと思って満足すること間違いなしです。
WiMAXでは、料金プランは上記の2つしか選ぶことができません。
できるだけ通信容量を気にせずに使いたいということでしたら、ギガ放題プランしか選択肢はありません。

 

それでも、制限がかかるのですから、3日で10GBという制限を死守しながら使い切ることが大切となってくるのです。
現在、スマホのプランでは3GBや5GBといったプランを使っている人が多いでしょうから、これはこれでランクが違う贅沢な悩みとも言えますね。

 

 

両プランの通信速度

 

下りは最大で440Mbpsとなります。
ただし、これはお約束なのですが、この速度を約束するものではありません。
対応端末とエリアによって最大通信速度は違ってきます。

 

よく言われるベストエフォート方式のサービスとなっているので、速度に関しては良いときもあれば悪いときもあるというしかありません。
端末の性能の違いもありますから、スマホのスペックが高ければさらに体感速度は上がると思います。
言えることはプランの違いで速度が変わることはないということです。

 

但し、7GBプランの場合はそれを超えると、極端に下がってきて、下りでは1Mbps以下となります。
テキストメールをかろうじて行えるくらいのスピードになりますね。

 

7GB通信制限

 

料金の違い

 

ギガ放題プランは最初の1ヵ月、2ヵ月は月々の料金が3,609円(税抜)となります。そして3ヵ月め以降は、月々の料金が4,263円となります。

 

対する7GB制限のあるライトプランですが、これは、月々の料金が3,609円(税抜)となりこれがずっと続いていきます。

 

ギガ放題プランとの違いは3ヵ月め以降で600円ちょっとの差となるのですが、これがずっとということになると、年間で7千円以上の差になってきます。

 

この料金の差を大きいか小さいかと見るかです。
自宅や出先でWi-Fi環境を利用できる人でしたら、7GB制限のライトプランでも十分と言えるでしょう。

 

反対にそういった環境ではなく動画をばりばりにどこでも見たいという人は、やはりギガ放題プランを選ぶことになると思います。

 

基本的にはライフスタイルや考え方の違いということになりますが、月々で見ると600円の差というのはそれほど大きいものではないように思えますね。

 

 

WiMAX3G、LTE、WiMAX2+の違い

 

WiMAX3G、LTE、WiMAX2+ と、規格の違う3つのWiMAXプランがありますが、一体どれを選べばいいのか?。

 

 この記事は2014年当時に書かれたものですので、現在とはかなり状況が変わっています。現在はWiMAX2+のエリア・通信状況ともに高水準で安定しています。

 

こんなの普通はわからなくて当然です。ただ3GよりLTEが速く、LTEよりWiMAX2+が速いらしいというのはお分かりでしょう。そしてその逆の順番でエリアが狭いということもご存知だと思います。2017年現在ではWiMAX2+のエリアはとても広く、ほぼ日本全国カバーといえます。

 

そしてよく言われるワイモバイルとWiMAXの違いは、速度制限の違いと、個別の場所でつながるかつながらないかという違いです。

 

速度制限の違いですが、WiMAXは2+も含めて現在制限なし。ワイモバイルは7G制限があります。これに関しての解説は後ほど。

 

もう1つの個別の場所でのつながりやすさは、ハッキリ言ってその場所に行かないとわかりません。だいぶ昔はWiMAXは繋がりにくいなんて言われていましたが、現在ではそんなことはありません。ただWiMAX2+は、まだこれからですね。*このエリアに関しての解説は後ほど。

 

 

回線速度で選ぶ場合

 

最初に書いておきますがWiMAXには「WiMAX3G」、「au LTE」、「WiMAX2+」という3つの規格があります。そして現在は3Gのみ使えるモバイルWifiルーターと3規格全てが切り替えられるモバイルWifiルーターがあります。このページではこの3つの総称として「WiMAX」と書いていきます。

 

 

最初に気になる回線速度で選ぶ場合です。

 

単純に速いほうがいいに決まっていますが、WiMAX2+はまだ大都市周辺でしかつながらないです。とは言っても、以前の携帯電話の電波同様、いやそれ以上のスピードで整備が進んでいます。とはいってもデータ通信は携帯ほど公共性が高く無いとされていますので、日本全国どこでも入るというのは無理だと思います。

 

特にWiMAXは3Gでも2+でも速度制限をかけていません(2+の2年目以降は後述します)。そこで速度で選ぶ場合、WiMAXが適しているのは都市部ということになります。大都市であれば2+も入りますし、au4G LTEも使えるのがWiMAX2+です。

 

このスペックからして都市部で使うなら、自宅で固定回線の代わりに使用しても問題無いと思います。それどころか外出時も使える分、こちらがオススメということになりますね。

 

スピード重視ならWiMAX2+が圧倒的に有利

 

ココでいう「都市部」とは、およそ30万人以上の都市のことです。そして東京や大阪、名古屋、福岡など100万人以上の大都市なら全く問題ありません。もちろん県庁所在地も都市部です。ただししがいちからあまりに離れている場合や、周囲に人が住んでいない場合はテストが必要です。

 

 

使う場所で選ぶ場合

 

まずWiMAX2+に向かないのは、主に移動中に使いたい方、そして都市部から離れた場所で主に使う方です。

 

逆に向いているのは都市部で主に使う方です。ほとんどの方が自宅で使う時間が最も長くなると思います。このご自宅が都市部にあるなら、文句なしにWiMAX2+の1択でしょう!

 

そして都市部ではない場所で主に使うという方はWiMAX3Gの1年プランで1年間様子を見るのが賢い選択といえます。1年プランはこういう場合にとても使えますよね。そして無駄金を払わなくて済むので非常に安心感があります。

 

都市部ならWiMAX2+ 都市から離れているならWiMAX3G *追記・2014年9月になり、日本全国の中小都市でもかなりの地域がカバーされています。 そこで現在はWimax2の一択でいいと思います。

 

 

 

WiMAXを契約するのに一番お得なのは?

 

これは単純に「どこの価格が安いか?」の競争+キャッシュバックですね。
下記リンク先に他社との価格比較が出ていますので、よくご覧になってください!

 

ここは完全にこちら↓WiMAX2+


 

WiMAX3Gなら↓
3Gのみのサービスは終了しました。

 

最高キャッシュバックが誰でも確実にもらえる!